スキップしてメイン コンテンツに移動

フキを楽しむ

フキの花が咲いていました。


フキには雄の株と雌の株があります。
それぞれ、花の様子が異なるのですが、
写真の株は雄です。

雄株の花には、こん棒状の柱頭があり、
その先の部分に花粉がくっついています。
なんだか黄色っぽいな、というのが雄株です。
雌株は、また機会があればご紹介します。

ちなみに、
「ふきのとう」として親しまれているフキは、
ウドやミツバ、セリなどと並んで、
日本原産の野菜のひとつとされています。