2016/05/25

コアジサイ

静かな林道沿いに、コアジサイの花が咲いていました。

コアジサイの花序は、やや小ぶり。
とても品の良い感じがします。

そして、アジサイといえば装飾花が目立ちますが、
コアジサイの花序には装飾花がありません。

遠くから眺めてもきれいな花序ですが、
写真のように、花序の1つ1つの花も味わい深いです。

全ての花は両生花。
1つ1つの花は小さく、直径は5mmもないほど。
雄しべは10本。花糸は淡い青、葯はクリーム色です。
雌しべは3本あるようです。
花弁には、淡い青のふちどり。
小さいがく片も見えています。

遠目に見ているぶんには心落ち着く感じがしますが、
1つ1つの花を観察しているうちに、
気持ちがやや高ぶってくるコアジサイの花です。





2016/05/24

入試問題

今年4月初めごろのこと。
 「入試問題において『わたしのタンポポ研究』(さ・え・ら書房)
  を使用させていただきました」
という旨のお知らせが届きました。

もう少し丁寧に説明しますと、
とある女子大学附属中学校の入試で、
『わたしのタンポポ研究』をもとにした問題が出題された、
ということだったのです。

これまでにも、予備校の模擬試験に使用されたことはありましたが、
今回は、本番の入試問題としての出題。
こちらの気持ちも、ぐっと引き締まりました。

さて、その入試問題を拝見すると、
「理科」ではなく、「国語」としての出題で、
嬉しいことに大きく取り上げられていました。

どうも、ありがとうございました。


写真は四国のカルスト台地に生えるセイヨウタンポポです。
セイヨウタンポポは、今回の話題(入試問題の内容)にほんの少し関係します。
(ややこじつけですが...)

2016/05/23

お知らせ2つ

昨年、誠文堂新光社から出版された、
『理科好きな子に育つ ふしぎのお話365』
について、お知らせが2つあります。

1つめは、この本が第63回産経児童文化賞において

銀メダルに当たる『JR賞』を受賞したことです。

受賞は5月5日に発表されていましたので、
少し時間が経ってしまいましたが...。

受賞のニュースは ↓ をご覧ください。 
http://www.sankei.com/life/news/160505/lif1605050028-n1.html


2つめは、重版が決定したことです。
嬉しいことに、今回で6刷目となります。


皆さまに心より感謝申し上げます。


なお、この本の紹介は ↓ をご覧くださいませ。



↑ 画像をクリックするとアマゾンのページへ移動します。

2016/05/15

セイヨウタンポポ

つい先日、西日本のとある山へ。
この日は天気がよかったこともあり、
山頂は多くの登山客でにぎわっていました。

標高はそれほど高くないのですが、
とても見晴らしのよい山なので、
人が多いのもうなずけます。

山頂にいた5時間ほどの間、
私はもっぱら下を向いていました。
植物をみるために。

それでも、時々顔を上げ、
遠くの景色を眺めては、清々しい気持ちになり、
心を静めながら作業を続けることができました。

山頂には、たくさんのセイヨウタンポポも...。
写真のように、見晴らしのよい場所に陣取っているものもいました。

2016/05/02

シナノタンポポ

シナノタンポポが咲いていました。

昨年も訪れたところへ、今年も行ってきました。
とても穏やかで、お気に入りスポットです。

昨年、同じ場所でシナノタンポポの撮影をしている時のこと。
息を止めて、シャッターを切った瞬間、
シナノタンポポの向こうに、ぬーっと犬が現れたのです。

散歩中の飼い犬でした。

シナノタンポポの写真の背景には、
その飼い犬がこちらを見ている様子が、ふわっと写りこんでいました。

たまたまできた「シナノタンポポと犬」の写真は、密かに気に入ってます。

その飼い犬が、今年も同じ場所を通りかかりました。
「おおーっ、一年ぶりだねぇ」と心の中でつぶやくと、
その飼い犬は、私の顔を見ながら「わんっ」とひと吠え。
飼い主に「これっ」と軽く叱られていました。

その飼い犬は、一度だけこちらを振り返り、
坂の向こう側へと行ってしまいました。

下のシナノタンポポの写真は、飼い犬と出会った場所から、
ほど近いところで撮影したものです。