2015/08/20

水面に咲くミズオオバコの花

ふらりと出かけた田んぼに、
ミズオオバコの花が咲いていました。

花はまるで水面に浮かぶよう。
花弁は淡い桃色。
一日花なので、夕方には花が散ってしまいます。

葉は水中に広がっています。
オオバコに似た葉の様子が、名前の由来だとか。

別名はミズアサガオ。
なんとなく、分かるような気もします。

2015/08/14

一瞬の青い空

先日登った山では、行動中、
だいたい曇りか、ガスがかかっているという天気でした。

ですが、 ほんの一瞬だけ、雲がさっと切れて、
あたりがぱっと明るくなり、 どんっと青い空が現れました。
急に見晴らしがよくなり、 やや清々しかったです。
その時の様子を撮影したのが、下の写真です。

なお、私が探している草花などを撮影するには、
晴れでもなく、雨でもなく、曇り(たまにガスがかかるくらい)
というのが、天気としては最高かもしれません。

ということで、
今回も天気に恵まれて、感謝の気持ちでいっぱいです。


2015/08/13

キンコウカの雄しべ


高山帯に生えるキンコウカ。

やや群生しているところも数カ所あり、
花が黄金色に輝くようでした。

花の直径は1cmちょっと。

雄しべには縮れたような毛があり、
ふさふさとしていて、まるでブラシのようです。

雄しべの先についている葯はオレンジ色で、
ちょっとしたアクセントになっています。

遠目に眺めても、近くで観察しても楽しい花です。

2015/08/12

イブキジャコウソウ

Y岳に登りました。

高山帯では、イブキジャコウソウがちょうど見頃。
この植物は、地を這うように茎を伸ばすので、
やはり花も地表近くに咲かせます。

足元に咲く、うす紫色の小さな花。

これまで、あまりご縁がなくて、
素通りしてしまうことも度々ありました。

岩場や草地に点々と生えているイブキジャコウソウ。
この日は、場所によっては、たくさんのマルハナバチが
にぎやかに、この花を訪れていました。

その訪花の様子につられるように、
イブキジャコウソウにちょっと注目の一日となりました。