2015/07/18

ヤグルマソウ

長野県北部の戸隠山に行ってきました。

戸隠山の麓には戸隠神社が建っています。
創建されてから二千年余りという歴史ある神社です。

その戸隠神社(奥社)の参道には、スギの巨木が並びます。
参道を歩きながら、巨木たちを見上げると、
ふわっと吸い込まれるようです。
やや凜とした気持ちになります。

つい巨木に目が奪われがちになりますが、
足元の草花も、もちろん楽しめます。

写真は参道沿いに生えていたヤグルマソウです。
ちらほらと花をつけていました。
山地の森に生える、大きな草花といった感じでしょうか。
小さな花が集まって見事な花序を作っています。
そして、どーんと大きな葉が特徴的です。

さて、戸隠神社の奥社を抜けると、戸隠山の登山口です。
登山道はいきなり急登となりますが、
なぜだか気持ちのいい登りに感じられます。

目的の植物を見つけて、ささっと下山。
心地よい山歩きになりました。


2015/07/10

シラネアオイ

先日、北海道のとある山に登ってきました。

昨年に続き、2回目のチャレンジです。


登山口の近くにある山小屋に前泊して、

早朝から登りはじめました。

ヒグマ対策の鈴は4つ。

リズミカルにいい音色が響いていました。


森の中を1時間半ほど登ったころに、

どーんと目の前に現れたのが、シラネアオイの大群落です。

あまりに見事で、思わず「おぉーっ」と唸るほど。

いつものように単独行なので、独り言のようなものでしょうか。


昨年より2週間早い時期に登ったおかげで、

シラネアオイの大群落に出会えたわけです。

良かったです。


シラネアオイの花は径が10cm弱。

花弁に見えるのは萼です。


じつに立派な萼。その色には、白から濃い紫まで変異があります。

この大群落の花は、白色が多かったのですが、

少し離れたところには、濃い紫色のものが咲いていました。

なお、白色品種はシロバナシラネアオイというそうです。


シラネアオイは1属1種。

つまり、シラネアオイ属の花はシラネアオイだけ。


ぶつぶつ独り言をつぶやきながら、

この大群落を足早に通り過ぎました。

とある草花を探すために、

「途中の花は、ささっと」と自分に言い聞かせつつ。