2014/11/29

今ごろのシロバナタンポポ

毎日、何かを執筆しています。

本当に嬉しいことです。


昨年の今ごろ、初めての単著を執筆していました。

無我夢中だった気がします。


昨年 (2013年) のことを振りかえると、

春から夏にかけて、研究と編集の仕事を同時期にしていました。

もはや遠い昔のようにさえ感じられますが、

とにかく言葉にならないほど、よい経験でした。

夏には山での調査をしました。久しぶりに山にたくさん登りました。

そして、秋からは一冊の本を書く機会をいただいたという流れです。


年が明けて、今年 (2014年) の1,2月になると、

しばらくは心身の疲れがどっと出ていました。

そりゃ疲れるわなという感じもしつつ。


今年も夏の後半から、ずっと日々何かを書いています。

昨年の今ごろと比べても、

たぶん書いた文字数は4倍ほどになる気がします。

ざっとの計算なので、3倍かもしれないし、5倍かもしれないです。

というか、文字数を比べても仕方ないわなというところでしょうか。


よくわからない近況報告になってきました。

とくに何かを言いたいわけでもないので、

よくわからないのは当然かもしれません。




さて、しばらくは終わりが見えなさそうですが、

1つ1つ仕上げながら、一定のペースで書いていけるようにと思います。







本文とは、ほとんど関係ありませんが、

シロバナタンポポが咲いているのを見つけました。