2014/03/16

オオイヌノフグリ

里山でコバルトブルーの花が目立つようになってきました。


1月の寒い時期からちらほらと見かけますが、

このオオイヌノフグリの花がわんさかと咲いていると、

春の草花シーズン到来を感じつつ、

妙に気持ちが引き締まります。


さて、この小さな草花には魅力が詰まっていて、

その生態や名前の由来などなど、話題に事欠きません。

拙著『身近な草花「雑草」のヒミツ』でも

扱いがやや大き目となっておりまして、

3ページにわたり登場してもらっています。