2013/06/22

福島での「たんぽぽ教室」

少し前になりますが、2013年4月27日(土)に
全国講師による「科学教室」 in 福島市立三河台小学校
というイベントが開催されました。

イベントに講師として参加させていただきましたので、
遅くなりましたが....、簡単なご報告を。

- - - 
このイベントは、法政大学の左巻健男さんと
三河台小学校の前校長先生と現校長先生による主催。

対象は三河台小学校の生徒さんとその保護者の方々でした。

私は科学教室のひとつとして、
「たんぽぽ教室」を担当させていただきました。

「たんぽぽ教室」では、
まず、絵本作家でもある陣崎草子さんによる
紙芝居とたんぽぽクイズを楽しんでもらい、
続いて、たんぽぽの押し花作りに
チャレンジしてもらいました。

押し花に使ったのは、
つくばと東京のカントウタンポポ、
そして、福島のセイヨウタンポポ

たくさんの方々にご参加いただいて、
とても楽しいひとときを過ごすことができました。
どうも、ありがとうございました。


- - -
このイベントについは、以下のサイトでも紹介されています。
 左巻健男さんのサイト
 陣崎草子さんのサイト

また、当日の様子は、地元紙でも紹介いただきました。 


福島民友新聞で紹介された記事

参加申込みのついた「チラシ」

2013/06/16

コクサギの葉

コクサギはミカン科の低木。小臭木と書きます。

雄花をもつ雄の木と雌花をもつ雌の木がありますが、

今回ご紹介するのは、花や果実ではなくて、葉です。

コクサギの葉の付き方は特徴的(だと思います)。
というのも、写真のように、

右左左右右左左....と続いていくからです。

ついつい、コクサギの葉を探したくなりますよね。


2013/06/08

身近でやさしい解剖

季刊誌「理科の探検」2013年夏号が発売になっています。

特集は「身近でやさしい解剖」と「水をめぐる科学とくらし」です。
解剖特集に登場するのは、エビ、イカ、ニワトリ、フグ、
アサリ、ミミズ、マダガスカルGといった生きものたち。

私も次のような記事を掲載いただいておりますが、

意外に美しい(のではないかと思う)のですよね。。

『G…の解剖 ~「生きた化石」の本当の姿~』

よろしければ、お手にとってご覧ください。

目次などは、こちら


2013/06/03

トマト大特集

月刊誌「農耕と園藝」(誠文堂新光社)6月号が
発売になっています。

今月号は「トマト大特集」ということで、
トマト黄化葉巻病という病気から、トマト作りの名人、
栽培法から施設の話題まで、まさにトマトづくしの特集です。
トマトは奥深いものですね。

トマトポスターも付録でついてきます。