2013/05/25

ツタバウンラン

道ばたで見かける、ゴマノハグサ科のツタバウンラン。
大正時代に園芸植物として日本に持ち込まれたそうです。

花柄の先に、1つの花をつけます。
花は唇形で、中央がこんもりして黄色の模様が目立っています。
なんとも特徴的な形ですね。

ここでは紹介していませんが、花の後姿も面白いので、
この花を見かけたら、ぜひ観察してみてくださいませ。

このブログでも紹介しているマツバウンラン

ツタバウンランと花の形や名前が似ているでしょうか。