2013/04/20

カキドオシ

ひっそりと咲いている感じも漂う、シソ科のカキドオシ。

足もとに咲いていても、あまり目立たないような気もしますが、
花は意外に大きくて、淡い色合いがきれいです。

花の形は唇形で、下唇には美しい斑紋があります。



2013/04/14

ハクモクレンの花の中

ハクモクレンの花を覗き込んでみると
雄しべと雌しべが どーん と見えています。

中心には、緑色っぽい柱状の雌しべがあり、
その周囲には、へら状の雄しべがたくさんあります。

よくよく見れば、雄しべの両わきあたりには、
粉っぽいものが付着しているのがわかるでしょうか。
こちらが花粉になります。

まずは雌しべが伸びてきて、しばらくすると
雄しべから花粉がでるようです。
一つの花の中で、メスからオスへ、と変わります。



2013/04/08

怪しい雑種タンポポ

日本のタンポポとセイヨウタンポポが交雑して
生まれたのが雑種タンポポです。

雑種タンポポにもいろいろな形があります。
よく見かけるのが、セイヨウタンポポにそっくりなもの。
それから、セイヨウタンポポにしては何か変なものもあります。

今回ご紹介するのは、日本のタンポポによく似たものです。
うっかりすると判断を間違えてしまいますが、
れっきとした雑種タンポポ。
よく見ると、総苞片や花粉の様子が変なのです。



2013/04/06

カントウタンポポのつぼみ

カントウタンポポの季節です。

放射状に広がるロゼット葉、そのロゼットの中心部分には、
次々につぼみができてきます。
つぼみの上が薄い黄色できれいでしょうか。

カントウタンポポのつぼみを眺めていると、
総苞片(そうほうへん)にある突起の大きさや形が
個体ごとに異なっているのがわかります。

総苞片というのは、花(頭花)を包む
鱗片状の(緑色の)部分のことです。

タンポポのつぼみも、意外と楽しめそうですね。


2013/04/04

ショウジョウバカマの雌しべ

ショウジョウバカマが咲いていました。
新しい分類体系ではユリ科でなく、
シュロソウ科とされています。


写真のショウジョウバカマは、花の咲き始め。
まだ充分に花が開いていませんが、
雌しべが伸びているのがわかるでしょうか。

突き出た雌しべは受粉できるようになっています。
しばらくして花が開くと、
雄しべの先の葯から花粉がでてきます。
雌から雄へ、ですね。

ショウジョウバカマについては、こちらもご覧くださいませ。