2013/01/27

1月のタンポポ

先月から勝手に始めた「今月のタンポポ」コーナーですが、
1月のタンポポをご紹介します。

畑の畦で花茎を立ち上げている雑種タンポポです。
タネ(綿毛)を飛ばす前の状態ですが、
寒くても花は咲き、タネができることがわかります。

どこか清々しい感じがするのと同時に、
いろいろと疑問が浮かんでくる写真でもあります。

















新年のご挨拶でも今月のタンポポを紹介していますが、
その時のタンポポの横で撮影したのが上の写真です。
よろしければ合わせてご覧くださいませ。こちら

2013/01/26

ハクサイの花

ハクサイの切り残しを皿にのせて水に浸けておいたら花が咲きました。
皿ごと雪の上に運んで撮影したのが下の写真です。

花は、がく4、花弁4、おしべ6、めしべ1です。
アブラナ科の花らしく、4つの花弁が十字についていますね。

アブラナ科の野菜には、他にキャベツ、ダイコン、カブなど
たくさんの種類があります。花も気になるところでしょうか。




2013/01/17

生きものの冬ものがたり

生きもの好きの自然ガイド「このは」No.2 
『生きもの冬ものがたり』
が発売になっています。こちら

見ごたえのある美しい写真がたくさんで、とても楽しい本(季刊誌)です。
やはり写真の力はすごいものですね。

この中で次の2つの記事を書かせていただきました。
 植物は冬をどう乗り切る?
 消えゆく冬の風物詩「こも巻き」

書店でみかけたら、お手にとってご覧ください。

2013/01/09

農耕と園藝 1月号

『農耕と園藝』2013年1月号が発売になっています。

今月号の特集は「土づくりの基本と極意」です。土力、地力などの
キーワードが印象的。そして農業の現場で行われている工夫の数々
には、あまりに奥深いので思わず唸ってしまいます。

その他、トマトの起源、サツマイモのあれこれ、研究の最前線など
面白い記事がたくさんです。


農業の最新情報を紹介する「アグリニュース」のコーナーに、
私も、恐れながら2つの記事を書かせていただいています。
低温保存しても安心なジャガイモの話、乾燥した土壌での作物栽培を
可能にする微生物の話です。


2013/01/04

正月と蒲公英

あけましておめでとうございます。

昨年もたくさんの方々にお世話になりました。
おかげさまで楽しい一年を過ごすことができました。
本当に心よりお礼申し上げます。

良い出会い、嬉しい再会を楽しみにしつつ、
今年も、どうぞよろしくお願いします。


ということで、たんぽぽ工房的にはおめでたい感じで
正月の蒲公英をご紹介したいと思います。

こちら、畑の畦に咲いていたタンポポです。
周囲は枯れ草ばかりで、なんとも寒々しい感じですが、
立派に花もタネもつけていました。