2012/12/22

ヤツデ

ウコギ科のヤツデ。今ごろの季節に花を咲かせています。
珍しい花ではないですが、近づいて見てみると
様子の異なる花が咲いていることに気がつくでしょうか。

開花してすぐの花は、写真のように、おしべ5本、 花弁5枚をつけています。
中央ににょきっとでているのがめしべで、ちょっと短めです。

しばらくして、おしべと花弁が脱落すると、中央のめしべが
ぐいっとのびてきます。この時、めしべが5本あることがわかります。
ちなみに、写真の奥の方にぼんやりと見えているのが、めしべをのばしている
花たちですが、ちょっとわかりにくいでしょうか...。
(よろしければ、実際の花でお確かめくださいませ。)

ヤツデの花は、花粉をだすオスの花から、めしべが働くメスの花へと
時期をずらして変わっていくのですね。