2012/10/10

トウガラシとトマトについての記事

『農耕と園藝』2012年10月号が発売になっています。雑誌の中に
は、農業に関する最新情報がまとめられている「アグリニュース」
というコーナーがあります。そこに次のような記事を書かせてい
ただきました。


青果物の鮮度を保つための手法開発に期待 
 トウガラシ果実の成熟システムを分子レベルで解明へ

緑色のトマトは収穫してもすぐに赤くなるのに、トウガラシは緑色
のままですよね。この現象を遺伝子レベルで解明していけば、果実
の成熟をコントロールする新しい道すじができるのではないか、と
ドイツのマックスプランク研究所のチームは考えました。その研究
の最新成果をトピックとしてとりあげています。
(なお、タイトルは長めですが、記事は短めです。)

書店でみかけたら、お手にとってご覧ください。