2012/08/29

ザトウムシ

きちんとした種名は不明ですが、いわゆるザトウムシ (座頭虫) です。

宮崎駿監督作品『千と千尋の神隠し』の
釜爺のモデルになった動物なのだとか。

そのようなこともあってか、その姿や動きに
親しみがわいてくるような感じがあります。

この写真のザトウムシは、よく見ると何かの幼虫を捕獲中です。
しばらくすると、幼虫を抱えたまま、
笹の葉の裏に隠れてしまいました。

ザトウムシの生態は不明なことが多いようですが、
どうも気になる生き物です。


2012/08/25

ミミズがつなげる2つの世界

RikaTan 2012年秋号が8月25日発売になります。
詳しくは、こちら

特集は「おうちの電気がわかる」と「身近な動物学」の2つです。






私も、この秋号の中で、小話を書かせていただきました。 

たのしい理科と自然の小話 
ミミズがつなげる2つの世界  ~土作り名人の素顔に迫る~

ミミズのくらしについて、生態学的な視点からまとめたお話です。
よろしければ、ご覧ください。

さて、この原稿を書くにあたって、参考資料の1つとして読んだ本が、
『ミミズと土』でした。これはチャールズ・ダーウィンが生涯のテーマ
として取り組んだミミズ研究をまとめたものです。ひきこまれるように
読んでしまいました。

2012/08/22

『象虫:マイクロプレゼンス』

小檜山賢二博士の『象虫:マイクロプレゼンス』(出版芸術社)
を購入して、眺めたり、読んだりしています。

とても面白いです。

ゾウムシの仲間はご存知のように小さい昆虫たちです。この写真集
では、その小さなゾウムシを立体的に、しかも細部まで詳細に観る
ことができます。

立体的な昆虫を撮影しても、ピントが合うのは一部なので、全体を
細部までみることはできませんよね。そこで、ピントの合う位置を
少しずつずらしていき、コンピュータ上で合成するマイクロフォト
コラージュという手法を採用しているのだそうです。

これは多方面に影響しそうな予感。もっといろいろ観たいです。



2012/08/18

ウツボグサ

シソ科のウツボグサです。日あたりのよい草地に、たくさん
生えていました。

多数の花が集まり穂状になっているので、その姿が目をひき
ます。1つひとつの花がきれいな色ですね。個々の花をよく
見ると、花の上部(上唇といいます)に雄しべや雌しべがあ
ります。


2012/08/15

マイヅルソウの実

まるで民芸品のような模様でしょうか。これはマイヅルソウ
の果実です。この果実があっちにも、こっちにもありました。

花が終わっていたのは残念ですが、その代わりに良いものを
見つけた気分でした。

2012/08/12

オモダカ

水田に生えていたオモダカです。白い花がぽつりぽつりと咲いて
いました。

花茎の下の方には雌花、上の方には雄花がついています。写真は
雄花です。同じ株の中で、雌花と雄花とは時期をずらして咲くと
いう記述をみかるのですが、ざっと観た限りではあまりきっちり
としていないようでした..。なぜでしょうか。



2012/08/11

トモエシオガマ

ゴマノハグサ科のトモエシオガマ。変わった形の花ですよね。

ぼんやり眺めていると、マルハナバチがやってきました。幸運
なことです。時計と反対周りにじゅんぐりに花の中に入り込み、
ほぼ1周すると、別の株へと移動していきました。

2012/08/08

シュロソウ

濃い赤褐色というのでしょうか。ちょっと変わった花色の
シュロソウです。湿った草地に生えていますが、この花の
色が草の中で意外に目立ちます。

写真中央の花は雄しべが6本、雌しべが3本の両性花です。
同じ株には両性花と雄花がつくそうですが、数株を観察し
た限りでは、雄花がついていたり、ついていなかったりで
した。ちょっと時期が早かったのかも。ちなみに、雄花に
は雌しべがありません。


2012/08/04

ゴイシシジミ

シジミチョウの仲間のゴイシシジミ(たぶん..)。ササが密に
生える山道でみかけました。

白地に黒いまだらが目立ちますね。まるで黒い碁石が並んで
いるようで、一度みたら名前を忘れない気がします。
(ちょっとだけ発音しにくい感じもありますが....)

幼虫の時には、ササなどにつくアブラムシを食べるそうです。
そんな様子も観てみたいような。

2012/08/01

シャジクソウ

花の色合いが目をひく、マメ科のシャジクソウです。車軸草
と書くそうですが、葉の様子を見るとなんとなくナットクで
きるかもしれません。

ムラサキツメクサやシロツメクサに近い仲間ですが、たしか
に花の感じが似ているでしょうか。