2012/06/03

マツバウンラン

ゴマノハグサ科のマツバウンラン。直径1cmほどの小さな花を
咲かせています。花は唇形ですが、下の唇が発達していて中央
が白くぷくりと盛り上っています。愛嬌がある感じでしょうか。

ちなみに、唇形の花については、シソバタツナミのページなど
もご覧いただければと思います。シソ科やゴマノハグサ科の多
くの種にみられる特徴です。

マツバウンランは北アメリカ原産の植物です。日本に持ち込ま
れた時期はよく分かりませんが、1940年代に京都で報告された
のが最初なのだとか。