2012/04/24

霜がついた草

春先には霜がおりることが度々あります。写真は霜がついた
ヒメオドリコソウです。


表面が凍結しても枯れない草。別に珍しい現象でもないので
すが、表面が凍結すると、細胞内の水分が失われるといいます。


ということは、霜がついた草(の細胞)は、低温と乾燥に対応
して生きているのですよね。思わず見入ってしまいます。