2012/02/27

フクジュカイ

枯れ葉の中に咲いているのは、フクジュソウかな? 
と思いましたが、フクジュカイだそうです。

変わった名前だなと、検索などする
予想通りに医療法人や老人ホームの名前が次々にヒットします。

このフクジュカイ(草の方の福寿海)は、ミチノクフクジュソウ
フクジュソウの雑種とのこと。

















開花前のつぼみ?の状態は、
何やらフキノトウのようにも見えますよね。

でもフキノトウと間違えてフクジュソウを
食べたりすると危険です。
おう吐、呼吸困難、心臓マヒで死亡することもあるのだとか。
心臓に作用するアドニトキシンという成分が原因らしく、
恐ろしいかぎりです。

フクジュカイにも同様の毒性分があるのかは不明ですが
食べない方が無難でしょうか。



2012/02/24

オオイヌノフグリ


春が近づいていることを告げるかのようにオオイヌノフグリが咲き
はじめました。

小さいのでしゃがみ込まないと見えませんが、花びら4枚、おしべ
2つ,めしべ1つからなる花です。花は朝に開いて夜には閉じてし
まいます。いわゆる一日花といわれるものですね。晴れていても、
曇っていても、一つの花に注目すれば開花しているのは一日だけ。


















果実が犬のフグリに見えてしまった先人により、イヌノフグリと名
付けられた植物があります。オオイヌノフグリはその仲間。しか
し、なぜ花でなく果実の特徴で名前をつけたのか。その着眼点にた
だただ感心するばかりです。

2012/02/22

草花散歩イベントのご報告など


あれから5ヶ月も経っているのかと思うとただただ驚く
かりです。。

2011年9月の草花散歩イベントでは、たくさんの方々に
お集まり頂きました。本当にありがとうございました。

イベントの際にみなさんと観て楽しんだ植物のうちで主な
ものを挙げてみました。花と昆虫のつながりをテーマにし
て遊んだのが、つい先日のことのようです。そうだ、タン
ポポの根も掘りましたね。

参加者の皆さんや企画・運営した仲間のおかげでとても楽
しい時間を過ごすことができました。深く深く感謝いたし
ます。


ツユクサ
カタバミ








ミソハギ


ヒヨドリバナ
ヤブツルアズキ

ソバ









2012/02/18

どぜう

先日、浅草にある「駒形どぜう」というお店に
知人にお誘いいただいて行ってきました。


TX浅草駅からお店までは、別に走らなくてもいいわけですが
小走りで10分弱。都営浅草線浅草駅や都営大江戸線蔵前駅が
正しい最寄り駅だと思いますが、通勤にTXを使っている関係で
TX浅草駅から行ってみました。


この日の一番のお目当ては、お店で開かれていた「江戸文化道場」です。
「江戸文化道場」は、「江戸の食文化をはじめ芸能や工芸、文化論の専門家を
お招きして、楽しく江戸を学ぶ講座」とお店のHPに紹介されていて
隔月ごとに開催されています。



今回の道場は、宝井琴梅さんの講談と林家花さんの切り絵。
大入り満員の会場は活気に満ちていて、その場にいるだけで
元気になる感じでした。


紙切り芸人の林家花さんの切り絵は本当にお見事で。
切り絵は初めてみましたが、巧みな話術とともに作品が次々とできあがり
ぐいぐいと切り絵の世界に引き込まれてしまいました。
切り絵には「絵ごころが大事」というお言葉が印象的でした。






江戸文化道場を楽しんだ後は、どぜう料理です。
どぜう鍋やどぜう汁など、いやはや、お酒がすすみますね。
でも、どぜう自体よりも「どぜうと一緒にタレで煮込んだネギ」が
美味しいような気がします。ネギはおかわり自由ですので、
ネギ好きにはたまりませんね。




駒形どぜうのHPは、こちら







2012/02/16

カントウタンポポ

まだまだ寒い日が続いていますね。

地面もいたるところが落ち葉でおおわれていますが、
そんな中にひょろりとカントウタンポポが一株だけ
開花していました。

カントウタンポポはその名前にあるように
主に関東地方に分布している日本のタンポポです。

寒々しい風景の中、ちょっとだけ春らしい感じでしょうか。