2011/05/28

シロスミレ

シロバナスミレとも呼ばれるらしいです。

葉はへら型。距は短めです。
距は「きょ」と読みますが、花の後ろの飛び出した部分になります。
花弁には紫色の筋があっていい感じですね。



これは5月初旬に撮った写真です。
早いもので5月もあとわずか。
なんでこんなにバタバタしているのだろう‥

2011/05/26

ユキノシタ

林の縁のややうす暗いところで、ユキノシタが花を咲かせていました。

なんだか控えめな感じですが、よくよく見ると花のかたちが面白いですよね。
雄しべも目立ってます。ついついしゃがみ込んでしまいました。

葉っぱは天ぷらにして食べられるそうです。
こんど、試してみましょう。

2011/05/24

エゴノキ

雑木林でみかけたエゴノキが花ざかりでした。
気になる花ですね。

果実にはサポニンという物質が含まれていて、どうやら毒らしく、
エグ味の原因になっているようです。
えぐいのでエゴノキなんだとか。

2011/05/22

ナンジャモンジャ

キンモクセイ科のヒトツバタゴです。
またの名をナンジャモンジャといいます。

この不思議な花(の形)をみると、「ナンジャモンジャ」と
呼びたくなる気持ちも分かるような気がしますね。

自生地は岐阜県や愛知県の一部に限られているそうです。

2011/05/20

ヒトリシズカ

雑木林にヒトリシズカが咲いていました。



白いブラシのような形の花ですが、どこに雄しべと雌しべ
があるのだろう?としゃがみ込んで観察してみると楽しい
です。ぜひ。




2011/05/18

ヤセウツボ

ヤセウツボが花を咲かせていました。

ヤセウツボは根に寄生していて、そこから栄養分を吸収しているのだそうです。
なんだか不気味な感じもする寄生植物ですが、今ごろの季節に目立っています。




2011/05/16

ニシキギ

散歩中に、ご近所の庭木を撮影してきました。
ニシキギです。若い枝に翼があるのが特徴ですが、写真では分からないですね。。



ニシキギが花のシーズンを迎えていました。
花がなんとも味わいぶかくて、いいですね。

2011/05/15

計る!測る!量る!

RikaTan (理科の探検)5月号が発売になっています。

今月の特集テーマは測定です。
『計る!測る!図る!体重から地球の大きさまで測って考える』


身近になったGPSを使って地球の大きさを量ったり、ヒトの体積
を量ったり、水温を測ったり。いろいろな測定が紹介されていて
面白いです。そうそう、簡単にできる天秤づくりもあります。

詳しい目次などは、こちら


2011/05/08

ヤマルリソウ

散策中にヤマルリソウを見つけました。

早春に花を咲かせる植物ですが、
ちょっと湿った、うす暗い場所に生えているようです。




淡い紫色の花がいいですね。

2011/05/06

ヒゴスミレ

白い花を咲かせるヒゴスミレ。
スミレっぽくない葉です。



花はこんな感じ。
きれいですね。


スミレは種類が豊富。そのため、見分けるのが大変で、
図鑑で調べても、名前はあっているのかな、、とたいてい不安になります。

2011/05/05

たのしい理科の小話事典

たのしい理科の小話事典 小学校編

が東京書籍から刊行されました。編者は左巻さんです。
小学校の理科の授業で役立つことを主眼にしていますが、
もちろん一般の読み物としてもとても面白いと思います。


この本の中で、植物や環境にまつわる話題10テーマほどを
執筆させていただいています。

書店で見かけたら、手にとってご覧ください。