2011/04/28

クロスカップリング

RikaTan(理科の探検) 4月号から次のような連載が新たに始ま
りました。

日本の科学者たち 〜ノーベル賞受賞者を振り返る〜


自然科学3賞のうち、物理学賞は田崎さんが執筆されます。
化学賞と生理学・医学賞の方は、私が担当させていただけること。
新しい年代から順にさかのぼっていく予定です。

4月号は、2010年のノーベル化学賞について、根岸氏と鈴木氏を
中心としたクロスカップリング反応の開発にまつわる紹介です。
この記事が、サイエンスポータルで読めるようになっています。
よろしければ、ご覧ください。記事は、こちら

2011/04/26

アマドコロ

スギ花粉もおさまり始めて、ようやく気持よく散歩できるようになってきました。

本日の散策中に、アマドコロが生えているのを発見。アマドコロはユリ科の植物です。よく見ると花をつけていました。いまが花の季節なんですね。


開花している花を下から覗いてみると、こんな感じです。
美しい花ですね。


アマドコロと似た植物にナルコユリがあります。

この両者を見分ける一番簡単な方法は、茎を触ることかもしれません。アマドコロは茎が角角しているのに対して、ナルコユリは丸々しているので、すぐに分かります。

2011/04/02

やさしい解剖

RikaTan 4月号が発売になっています。詳しくは、こちら


今月号の特集は『やさしい解剖』です。

近頃は、「残酷」「手間がかかる」などの理由から、学校では
あまり解剖が実施されていないのだとか。

それでも、解剖が必要な理由、今回の特集が有効な理由が、
内山さんによる『解剖はレオナルド・ダ・ヴィンチの心意気で!』
という記事ですっきりと分かります。

今回の特集で取り上げるテーマは、従来の「解剖」とはひと味違い、
スーパーで手に入る魚介類を中心とした「解剖」です。

自分が口にする身近な生き物について知ることは、とても大切な視点
であることを改めて実感できるような内容になっています。