2009/12/19

自然史講座

12月18日(金)は国立科学博物館(上野)に行ってきました。全15回、毎月第一と第三の金曜日に開催されてきた自然史講座も、18日が最終回でした。

私は、自分のサイエンスカフェと日程が重なったことがあり、残念ながら2回ほど欠席してしまいました。欠席した2回のうち1回は、モグラカフェで話題提供をお願いした川田さんの講義だったので、とても悔やまれます。

最終講義後では、皆勤賞の受講生の方に、表彰状と科博のロゴ入り布バックが授与されていました。皆勤の方は11名、素晴らしいです!

どの講義も、とても充実していました。知らないこともたくさん、すっかり忘れていることもたくさん。1つのテーマをまとめて聴けるというのは新鮮ですし、改めて科博の凄さを実感しました。来年度もぜひ受講したいですが、今夏以降のバタバタが止まらないので、厳しいかもしれません。

大学生のための自然史講座
「日本の生物多様性と自然環境」の詳細は、こちら

関連するブログは、こちらこちらこちら
3つしか記事を書いていなかったのですね。少ないなぁ(苦笑)。

-----
19日(土)は午後から横浜です。4時間続けての生態学の講座です。こちらは全6回の講座で、今日が5回目。すでに皆勤は逃しています。私にとっては、集中力を維持するには、4時間って、とても長いです。

2009/12/15

ヘクソカズラの実

ヘクソカズラの花から、このような実ができました。
随分とたくさん実っていますね。

2009/12/14

天文学者への100の質問、第1回目

三鷹ネットワーク大学での企画講座「天文学者への100の質問」が、12/11(金)19時から開催されました。3回講座の第1回目でした。この講座は、参加者の方から寄せられた質問を専門家に答えてもらおうという企画です。

第1回目の講師は、伊東昌市さん。プラネタリウムの世界で有名な先生です。長年プラネタリウムで解説をされてきたからなのでしょうか、お話が流れるように展開していきます。お話しが、すーっと頭に入ってくる感じ。凄いなぁ。

私は、司会進行という(似合わない)役だったのですが、やはり難しかったです。特に、時間の管理をうまくやる技術がないことを痛感しました。次回以降も司会進行をさせていただくのですが、何か工夫をしないといけないと感じました‥

講座の後は、お疲れさまの会。「軽く」のつもりが、「いつもどおり」の展開で、皆さん終電間際まで飲んでしまいました。

2009/12/09

「読み」の整理学


以前から気になっていた本。面白くて、読みやすいものでした。


知っている内容を文章で読むのは楽ですし概略をつかみやすい。一方、未知の内容を文章で読むと字面を追うばかりで中身をつかめない。よくある経験でしょうか。この未知の世界を理解するために必要な読書のしかたが示されています。読書だけでなく教育にまで広がる分析も興味深いものがありました。

未知の世界を理解するための読書は、時に苦行のようにも感じるかもしれません。しかし、この苦行を乗り越えたときに見えてくる世界にはあこがれのようなものがあります。

分かりにくい、読みにくい悪文。しかし、悪文にも乗り越えるべき価値のあるものがある、という指摘も心に残りました。その辺りの悪文の見極めは難しいところですが‥

本書を読んで、これまでに挫折したいくつかの古典に再挑戦してみようかな、と思いました。

2009/11/29

泥よけ壊れる

数日前、自転車の前輪の泥よけが壊れてしまいました。自転車本体と泥よけをつなぐ部分が破損してしまったようです。泥よけも壊れるものなんですね。

壊れた泥よけは、自転車本体と前輪との間に挟まっていて、どんなに角度を調整して引っ張っても取り出せませんでした。仕方ないので、前輪を外して、壊れた泥よけを取り出して、また前輪をはめて、そして自転車に乗っていました。幸いなことに、雨の日がなかったので泥がかかることもなくすんでいます。

そのような状態だったので、土曜日の午前中に、いつもの自転車屋さんに行ってきました。しかし、同じタイプの泥よけは在庫がないとのことで、取り寄せてもらうことに。早くても1週間、もっと日数がかかる可能性もあるようです。

普段、その存在すら忘れている泥よけ。雨さえ降らなければ、なくてもいい存在。泥よけのありがたみを実感する前に、新しい泥よけが届いて欲しい(祈)。


2009/11/28

むかしむかしの井の頭公園

イベントのご紹介です。

「むかしむかしの井の頭公園」

講師 安田知代さん
日時 2009年12月12日(土)10:30~12:00
場所 三鷹市立三鷹図書館

詳しくは、こちら

----
講師の安田さんは、「井の頭公園*まるごとガイドブック」の著者。このブログでも、以前にも紹介しました。こちら。この本は、三鷹図書館での貸し出しがとても多いのだそうです。

講演では、井の頭公園のむかしむかしの様子など、貴重な資料や映像がみられそう。今から楽しみです。


2009/11/27

宇宙とヒトをつなぐもの

イベントのご紹介です。
とても面白そうですね。

科学と芸術の集い
宇宙とヒトをつなぐもの』
代~最新の宇宙図と南島の神歌・古謡

-------
日時 2010年1月17日(日) 16:00開場 17:00開演
会場 日経ホール(東京都千代田区)

-------
第1部 最新の宇宙の姿(講演) 小阪淳、小久保英一郎
第2部 古代の宇宙観(講演)  後藤明
第3部 神歌・古謡のコンサート UA、ハーニーズ佐良浜
ナビゲート・ナレーション    原田知世


詳細は、こちら


モミジ

枝先から紅葉してくる様子を撮影。この木の周辺には、全体が赤く紅葉している木もありました。木によって紅葉の進み具合が違うのでしょうか。

こちらを見ると、都内はあちらこちらで紅葉が見頃のようですね。
もうしばらく、紅葉が楽しめそうです。



2009/11/26

RikaTan(理科の探検)12月号

RikaTan12月号が11月26日に発売されます。
編集委員をさせて頂いている科学雑誌です。

今月号の特集は「温泉の科学」。

目次などは、こちら

-------

2009/11/25

22日のこと

11月22日(日)は、三鷹市市民恊働センターで開催された「キュン!キュン!ちきゅう市民フェスティバル」に参加しました。今回は、「星と宇宙の世界を楽しむ」というタイトルのテーマカフェの担当で、ワークショップにチャレンジしてきました。

テーマカフェは、3つの企画のオムニバス方式でしたが、それぞれが個性的で楽しかったです。今回のお客さんは、親子でのご参加が多かったですが、大人だけでの参加の方もいらっしゃいました。ただ、やはりお子さんが目立っていましたね。特に高口さんの英語の時は、お子さんが元気で凄かった(笑)。

私は、デザイナーの須佐さんとのコラボ。楽しかったです。須佐さんのセンスの良さに感動し、子どもさんたちの元気さにエネルギーをもらい、充実のひとときでした。須佐さんには随分とご迷惑をおかけしてしまいましたが‥

ところで、「星と宇宙の世界」がタイトルですが、私はと言えば、、ミクロな世界から天体まで、大きさをテーマにした話題を提供させていただきました。 

それにしても、自分が受ける刺激が心地よかったです。こんな形のワークショップを続けてみたら、楽しいだろうなぁ。子どもさんだけでなくて、親子でのワークショップになれば、さらに面白いだろうなぁ。来年の目標にしたいと考えています。

2009/11/24

21日のこと

11月21日(土)は、SOHOフェスタに参加して、「みたか科学文化形成コンソーシアム」として出展してきました。快晴が災いして(しかも3連休の初日)、会場を訪れる人の数が、例年よりも少なかったようです。あれだけ天気がよいと、普通は遊びに出かけちゃいますよね。

展示を見に来てくださった方々とお話しする中で、コンソーシアムの課題や問題点などを再認識することができました。それから、この試みに関心を寄せてくださる方々にお会いできたのは、とても励みになりました。何か面白いことができそうだ!と感じて頂けたのは嬉しかったです。社交辞令かもしれませんが、「そのうちにコラボできそうですね」のコメントにはしびれました。

今回の出展では、知り合いの方々が展示を見に来てくださいました。お話をしていると、私のことを気にかけつつ心配して頂いていることが分かりました。とてもありがたかったです。思えば、この1年間、随分とたくさんの方と出会い、お話をさせて頂きました。変化してきた自分の環境をひしひしと感じた1日でした。

そして、コンソーシアムのメンバーのみなさんや当日お手伝い頂いたみなさんに、深く感謝の一日でした。ありがとうございました。

2009/11/20

天文学者への100の質問


三鷹ネットワーク大学(東京・三鷹市)では、以下のような講座が企画されています。

---
天文学者への100の質問
~市民がつくる天文講座~
12月11・25日、平成22年1月8日の金曜日 
いずれも、午後7時~9時(全3回通し受講のみ)

受講料は無料です。

----
この講座では、参加者が事前(申し込み手続き時)に質問を提出します。それらの質問をネットワーク大や天文台のスタッフの方々がまとめて、天文学の専門家にお答えいただくという企画の講座です。

昨年から始まったこの講座は、今回が2回目になるのでしょうか。昨年は、受講手続きがウェブ上からできなくて結構不便でしたが、今年はウェブ上からできるようになっています。

今年は、この企画講座の準備をお手伝いさせて頂くことになりました。がんばらなくては‥

----
講座の詳細・申し込みは、こちら
どしどしご参加くださいね。


2009/11/19

フジアザミ

アザミの仲間で「フジアザミ」です。

このフジアザミは、とにかく頭花が大きいです。最初に見たときは、いつだったか忘れてしまいましたが、その大きさに驚いた覚えがあります。




















富士山の周辺に自生しています。
写真は山中湖畔で撮影したものです。


2009/11/16

スノーフレーク

たまたま見つけた、雪の結晶の不思議を探る本です。

雪の結晶がとても美しく紹介されています。ぼんやりと写真を眺めているだけでも楽しいのですが、その説明も詳しくて勉強になります。なぜ、このように美しい対称形の結晶が生まれてくるのか。なぜ、こんなにも結晶構造が多様なのか。本当に、興味深いですね。

目次
1. 創造の天才
2. 雪結晶ウォッチング
3. 雪結晶の対称性
4. 空から届く象形文字
5. 氷の形態形成
6. 雪結晶の気象
7. 空から降る雪のフィールド・ガイド
8. 同一の雪結晶を求めて
おわりに
おもな雪結晶
用語解説
索引

この冬は、雪の結晶が気になりそうです。




2009/11/13

SOHO フェスタ in MITAKA


第12回 SOHO フェスタ in MITAKAが以下のように開催されます。
日時:11月21日(土)12:00~17:00
場所:三鷹産業プラザ(東京・三鷹)
詳細は、
こちら

今年で12年目なのですね。

このフェスタに「国立天文台・科学文化形成コンソーシアム」(仮称)として出展することになりました。メンバーは、こちらの修了生10人ほどで構成されています。ほとんど準備の時間がなかったのですが、メンバーのみなさんは快く参加してくださっています。本当にありがとうございます。

プラネタリウで上映されている映像や科学映像クリエータコースの修了作品、科学イベントの企画や運営、科学記事の執筆、天文講座の開催、天文グッズの企画や販売、そして東京国際科学フェスティバルでの修了生の活動などなど。その多彩な活動や事業を紹介する予定です。

お時間などあれば、ぜひ遊びにいらしてください。
入場などは無料です。